保護犬カンナの日記

柴ミックスと思われる保護犬カンナさんの毎日を記録します。

おすすめの犬用伸縮リードランキング!フレキシの伸びるロングリード8mを買いました。

 以前からカンナの散歩中に他の飼い主さんが使っているのを見て、いつか購入しようと思っていた伸縮リード(巻き取り式ロングリード)を買いました。

このブログで個人的なランキングをご紹介しますね!

 

第1位 フレキシ (flexi) ヴァリオ コード S 8m  [犬用リード]

f:id:yuhi_t:20170512135622j:plain

こちらは私イチオシのフレキシ伸縮リード。

Amazonフレキシ (flexi) ヴァリオ コード S 8m レッド [犬用リード] 

 

わんちゃん先進国ドイツ製というところからして超安心。

見た目もオシャレで、実は近所にお金持ちが多く住んでいるのですが、セレブっぽい飼い主さんは口コミでだいたいこのフレキシの伸縮ロングリードを使っているという事実。汗

 

このフリキシリード、他のリードと比べるとかなり軽くて驚きます。 

ずっと持っていると手にしているのを忘れるくらい。。

 

f:id:yuhi_t:20170512135659j:plain

さて、使い心地ですが。このとおり。

 

広い公園の中だとあちこち歩き回るワンコに全部ついていくのは大変ですが、この伸縮リードならものすごく楽。

リードも自然に伸びていくので犬にも負担がないですし、巻き取るときも自動でするすると巻き戻ります。

 

引っ張り感をほとんど感じません

なんというか、すべてお任せみたいな。

 

これは良い商品を買った!

 

f:id:yuhi_t:20170512135733j:plain

手元にはリードのストップボタンがあり、この部分を前方に押せば完全に伸縮が止まり、上から押すと一時的にリードの伸びを止めることもできるので凄く便利。

 

実際に使用している様子もご覧ください

動画を見ていただいてもわかるように、リードが犬の動きに合わせて自然に伸びているのがおわかりいただけると思います。

 

また、飼い主が近づいていくときも、リードがたわむことなく自然と巻き取られているのが素晴らしいです。

 

f:id:yuhi_t:20170512135817j:plain

注意点としてはリードを伸ばした状態でワンコが暴れたりすると紐が絡まる可能性があります。

また人間の手足にリードが触れている状態で、急にワンコが走り出したりすると摩擦熱で裂傷する可能性もあります。

 

このあたりの使い方は何度か使っているうちにコツが飲み込めます。

まずは広い公園や野原などで試してから使われることをオススメします!

 

また、リード部分は紐状のコードタイプの他にテープタイプもあり、コードよりテープの方が安全という飼い主さんはテープタイプの方がいいかもしれません。

 

別売りのオプション機能もすごい!!

f:id:yuhi_t:20181114143956j:plain

 

フリキシリードのベルトは交換が可能でLEDやソフトタイプなど安全面を考慮したものが別売りであります。
ベルトの交換方法はこちらの記事に書きました。

 

ちなみに夜の散歩に便利なLEDライトが別売りであります。マジックテープで引っ付けるだけで超便利です。

体験談はこちらをご覧ください。絶対一緒に買った方がいいです。

犬の散歩用ライトはこれがオススメ!フレキシリードのLEDライト

 

 

これからフレキシリードを購入するなら、5メートルより8メートルサイズがオススメです。

大きさはXS・S・Mから選べます。うちくらいの柴犬以上はMがいいと思います。

 

ちなみにカラーは「レッド」と「グレー」があります。

男性の家族が持つならグレーの方が恥ずかしくないかもしれませんね(^_^)

 

 

おすすめポイント

・リードの巻き取りがめちゃめちゃスムーズ

・軽くて疲れない

・引っ張られ感がないので犬が快適に歩ける

 

amazonのレビューでも175件コメントがあるので、相当多くのユーザーが利用していると思います。

   

 

第2位 Ancii 2017年新型 LEDライト付き犬用伸縮リード

f:id:yuhi_t:20170929144023j:plain

 続いてAncii 2017年新型 LEDライト付き犬用伸縮リード 長さ8m 荷重190kg 中型・大型犬用 簡単操作 PL-1

秋から冬にかけて夕方6時くらいでもすでに暗いですよね。

都会に住んでいればほとんど街頭の明かりで見えるのですが、裏道で街頭がない場合や、田舎にお住まいで、そもそも町中が真っ暗という場合は絶対このLEDライト付きがオススメです。

 

f:id:yuhi_t:20170929144324j:plain

便利なのは、LEDライトがあるので犬のウンチがどこに落ちたか確認しやすいこと。

これまでは目をこらしてウンチを探していましたが、これならばっちり。

 

f:id:yuhi_t:20170929145714j:plain

そして、真っ暗な階段を降りるときも、このLED付き伸縮リードが役立ちます。

目の悪い犬や老犬の場合は、ちょっとした段差でも足を踏み外してしまうもの。これだけ明るければ足下も大丈夫です。

 

さて、肝心の使い心ですが、私が購入したのが中型犬・大型犬用だったためか、伸縮リード自体にかなりの重量があります。ちなみに460グラム。

結構ずっしりありますが、リード自体は腕を垂らして使うもののため使っているうちに慣れてきました。

 

リードは結構貼りが強くて、うちのわんこは10キロ近くありますが、それでも引っ張られ感があるらしく、リードをフリーにしていてもしょっちゅう立ち止まってしまいます。

もう少し体重の重いわんちゃんであれば問題ないと思います。

それからリードが伸縮するたびに「シュルシュル」という音がします。ビビりのワンちゃんの場合ですと怖がってしまうかもしれません。

 

なお、LEDライトの電池は単4電池3本で使用します。(別売り)のため気をつけてください。

 

総合的にLEDライトはとても便利で重宝しますが、伸縮リードとしてはもう一歩という感じがします。安い商品なので、いろいろなリードを買って試してみるのもいいかもしれませんね。 

 

おすすめポイント

・夜道ではっきり明るい

・値段が安い

・重さがあるので中型大型犬にはちょうどいい

 

 

 

第3位 AROVA愛犬用伸縮リード巻き取り式

 続いて第3位は安さが魅力のAROVA伸縮リード。

通販では2,000円以下で購入できるところが多く、amazonではベストセラー商品となっていました。

作りもしっかりしていて中型犬以下に対応しています。また、リード部分の縫い目に反射光がついていて、暗いところでも車のライトに反射するため安全性を考慮されている方にオススメしたいリードです。

 

第4位 プチリュバン 伸縮リード

続いてオススメの伸縮リードは、プチリュバンのSサイズ中小型犬・猫用リード。
お値段もすごく安くて、初めてのリードを試しに購入するならこれがオススメ。
少し小さいので小型犬や猫のリードとして使う方がいいと思います。
リードはテープ式で安全。手元のボタンでリードのブレーキやロックをかけることができます。
また、ピンク、ブルー、イエローなどカラーがポップでかわいくてオシャレ!というところで、女子の人気が高いようです。

 

第5位 TB05M リード巻き取り犬用牽引リード

続いて激安で大人気のTB05M。

1800円以下で購入できて、しかも使える伸縮リードといえばこれ。

伸縮リードを使うかわからないけど、試しに使ってみたいという方にぴったり。

操作性はプチリュバンと同じで、手元のボタン一つでブレーキやロックがかけられます。人間工学に基づいた設計で持ちやすいことも人気の一つです。

リードはシートベルトと同じ素材が使われていて強くて安全。

そもそも伸縮リードのメリットとは

さて、今回ブログで犬用伸縮リードのおすすめをいろいろご紹介しましたが、そもそも伸縮リードはどのようなところにメリットがあるのかご説明しておきます。
 
まず犬と人間のそれぞれにメリットがあると思います。
 
・犬の場合
犬にとっては、とにかく自由に行きたいところに歩いて行けるという点が最大の魅力です。
ほとんどのワンちゃんは飼い主さんの都合で歩きたいところを歩けないというのが実はストレスだと思っていますが、伸縮リードなら可能な範囲であれば自由に歩ける。
 
とても自然に近いのです。
 
犬もそもそもは自然で生きていた動物ですから、いくら品種改良されているとはいえ、遺伝子レベルでは草の匂いや山の香りに興奮するはずなのです。
 
事実うちのワンコも枯れ葉の上を走ったり、雨上がりの土の匂いに満たされた公園の中にいるととても興奮しているのがわかります。
 
あっちをウロウロ、こっちをクンクン。
もう本当に自由。
 
そんな感じなので、ワンコを自由にしてやりたい、そんな飼い主さんにはぴったりのリードだと思います。
 
・人間の場合
犬をたくさん歩かせたいという飼い主さんはたくさんいると思いますが、実際のところ元気なワンちゃんだと毎日5キロでも10キロでも平気で歩くものです。
 
私もこれまで柴雑種の他に、ゴールデンレトリーバーやトイプードルを飼ったことがありますが、とても長い距離を散歩します。
 
実際のところ飼い主さんが元気であれば大丈夫なのですが、足腰が弱っていたりすると長い散歩は難しくなります。
そんなとき犬の歩く距離が短くなるのはとても可哀相ですよね。
 
そこで便利なのが伸縮リードなのです。
たとえば大きい公園では人間が歩くアスファルトと芝生や草むらのエリアが混在していると思います。
 
人間だとちょっと入りづらい草むらの中にも犬は入りたがりますよね?
伸縮リードであれば、人間はアスファルトの上に立ったままで、ワンちゃんだけ草むらに歩かせることも可能なのです。
 
つまり、犬はたくさん歩くけど人間は止まっている時間が多いため、人間だけは散歩の距離が短くて済みます。
 
これが人間にとっても伸縮リードがとても役立つポイントかと思います。
 
犬、人間両方にとってメリットの大きい伸縮リードなので、ぜひうまく活用して素敵なドッグライフを過ごしていただきたいものです。

 

番外編 ロングリード

今回伸縮リードをご紹介しましたが、いわゆる伸縮しないロングリードを使ってワンちゃんを遊ばせたいという人も多いようです。

 

ロングリードは10メートルとか20メートルの長さがあり、広い空き地などで犬を遊ばせるときに使います。

遠くにボールを投げて取ってこさせたり、犬にしつけをするときにはロングリードがオススメです。

 

このロングリードの難点は、主に以下の3つだと言われています。

 

・汚れやすいこと

・巻き取りが面倒

・絡まりやすい

 

そのため、ロングリードをお求めの際はこれらの問題ができるだけ解消される商品をおすすめします。

 

 こちらのロングリードは丸ロープ型で巻き取りやすいと評判で、しかもしっかりしたロープなので切れる心配がありません。

 いずれにしても伸縮リードより面倒な部分が多いのがロングリードの難点ですが、遠くまで犬を走らせたいという場合には、ぜひお試し下さい。

 

 

以上、私が個人的におすすめする犬用伸縮リードランキングでした。

 

伸びるリードは事故がおこって危ないとかいう方もいますが、結局は使い方の問題。

自動車が世界で一年間に100万人以上も人を殺しているのに、使うのをやめようという人はいませんよね。それと同じ。

 

人間が使い方を間違わなければ愛犬にとって、これほど自由で楽しい散歩ができる道具はありません。

皆さんも伸縮リードで愛犬と楽しい散歩にでかけてみてくださいね!